Blickfeld Percept

Blickfeldの革新的で使いやすい認識ソフトウェアは、誰もがBlickfeldのLiDARセンサーからのデータを、現実世界のアプリケーションのための実用的な洞察に変換できるようにするものです。

Blickfeldの画期的なソフトウェア製品は、大元の点群データをすべてウェブブラウザ内で実用的な洞察に変換します。強力なアルゴリズムとPercept APIを組み合わせることで、高度な3Dデータからの価値抽出が簡素化され、継続的なリアルタイムデータ処理ワークフローを迅速に作成できます。Perceptを選択することで、Blickfeldの実績のある最先端のデータ分析モジュールセットを構築し、ニーズに最適なものを自由に選択できます。特に、3Dデータ処理のノウハウをほとんど、または全く持たないクライアントが、クラウド分析、トラフィック管理、境界セキュリティなど、さまざまな目的でスケーラブルなソリューションを開発できるようにPerceptを設計しました。

LiDARデータの扱いは、かつてないほど簡単になっています。

簡略化されたワークフロー

Perceptは、すべてウェブブラウザ内で、大元の点群データを実用的な洞察に変換します。直感的なユーザーインターフェイス、強力なアルゴリズム、プロジェクト設定ウィザード、およびPercept APIにより、高度な3D認識からの価値抽出が簡素化され、市場投入までの時間が短縮され、社内の専門知識にかかるコストが節約されます。

マルチLIDAR データ融合

Perceptを使用すると、複数のBlickfeld LiDARセンサーからのデータを簡単に統合できます。これにより、より広い領域をカバーできるだけでなく、異なるデバイスによって生成された点群間を移動するときにオブジェクトをスムーズに追跡できます。

ドラッグ&ドロップゾーン

オブジェクトカウント、入退室追跡、占有検出などのアプリケーション用の知覚ゾーンは、Perceptの直感的なユーザーインターフェイスを使用して簡単に設定および構成できます。

データ負荷の軽減

Perceptは、インテリジェントな点群データ管理によってデータ負荷を軽減します。たとえば、ソフトウェアは参照フレームを使用して、シーン内のどのポイントが静的であるかを識別し、転送する動的ポイントのみを残します。

特徴

オブジェクトの検出と追跡

移速度情報を含むオブジェクトの移動情報をもとにした検出と追跡。追跡されたオブジェクトのパスは、X-Y 平面で視覚化されます。

オブジェクト分類

ポイントクラスターベースの分類。オブジェクト分類クラスには以下が含まれます。人、自転車、および車両。

オブジェクトカウント

ゾーンベースのカウント。カウントオプションには、総数、通過するオブジェクト、オブジェクトの表示と非表示が含まれます。

占有率検知

構成可能なポイントクラスタベースの占有検知。

体積測定

ユーザー設定可能な点群ベース体積測定

ゾーン侵入検知

構成可能なポイントクラスタベースのゾーン侵入検知とアラーム生成。

出力API

設定可能なMQTT またはファイルでのデータ出力

アプリケーション分野例

スマートトラフィック

クラウド分析

セキュリティソリューション

Volumetric Measurement

サポート対象センサー

Cube 1

ube 1は小型・軽量でありながらも広視野角、独自のスキャンパターンと長い検出距離を兼ね揃えた汎用性の高い3D-LiDARセンサーです。

Cube 1 Outdoor

The Blickfeld Cube 1 Outdoor provides high-quality data even in adverse environmental conditions such as rain, fog, and snow.  The IP65-rated housing is specially designed for demanding applications that require a dust and waterproof sensing solution. 

Cube Range 1

Cube Range 1は超長距離検出を主用途とした設計となっており、広範囲での高精度な3D測定が可能となっております。