Smart Parking parking space

フリート管理におけるLiDAR

レンタカー会社のフリート管理は、スマートなインフラでより効率的になります。LiDARセンサーは、車両の遠隔操作とスマートパーキングを可能にします。
Florian Petit Blickfeld founder

自動で駐車するレンタカーについて

国際空港などにおけるレンタカーのフリートでは、1つの場所に100台以上の車両が配置されていることがあります。このような規模のフリートでは、車両のターンアラウンド(返却から新規レンタルまでのプロセス)は非常に時間がかかり、物流や財務に大きな負担がかかっています。特に、レンタカーを敷地内で移動させることは、貴重なリソースを消費します。そこで、LiDARテクノロジーと環境検知の出番となるわけです。センサーを敷地内のインフラに組み込むことで、レンタカーを遠隔操作することができ、ドライバーレスでのナビゲーションや駐車が可能になり、フリート管理がより効率的になります。

車両の頻繁な移動による効率性の低下

Inspection process at a rental car company
典型的な点検作業

私たちの多くは、すでにどこかでレンタカーを利用したことがあるのではないでしょうか。そのため、返却のプロセスは熟知していても、その後の作業の多くはお客様の目に触れないままです。レンタカーを返却すると同時に、レンタカー会社にとって不可欠な業務である「ターンアラウンド」が始まります。返却と初期点検を終えたクルマは、通常同じ敷地内にあるコントロールステーションに運ばれます。ここで車両は細かくチェックされ、必要に応じていくつかのステーションを通過します。具体的には、ダメージコントロール、オイルレベルやタイヤ空気圧などのサービス、外装洗浄と内装クリーニング、給油、そして最終検査です。

理想的には、修理や特別なクリーニング、その他の追加作業は必要なく、車両はシステム上で利用可能なものとして再び予約することができます。必要であれば、再びピックアップステーションに直接車両を走らせることも可能です。

目標は常に、稼働率を最適化するために、ターンアラウンドタイムをできるだけ短くすることです。

しかし、この目標を達成することが、ターンアラウンド内の大きな課題となっています。ステーションとステーションの間では、車両を手動で繰り返し走らせなければなりません。この作業は従業員が行うため、非常に時間がかかります。さらに、車両が現場の反対側に駐車されている場合など、従業員は長い距離を徒歩で移動しなければならないこともあります。

ターンアラウンド時の車両管理はどのように最適化すればよいのでしょうか?

最近の車両の多くは、すでに独立してステアリング、アクセル、ブレーキを操作することができます。これは、例えば、まるで魔法のようにハンドルが動く駐車支援システムなどに見られます。近い将来、この技術はすべての自動車カテゴリーに展開されるでしょう。しかし、駐車のためのセンサーは単純な超音波センサーで十分ですが、実際の自動運転機能のための総合的なセンサー技術はまだありません。LiDARセンサーは、例えば、より高度な自動運転機能にはが必要ですが、徐々に普及しつつあるだけです。

LiDARの説明:LiDARは、光パルスを発射し、物体で反射された光を検出するセンサーです。センサーは、レーザー光が出射されてから戻ってくるまでの時間を測定することで、正確な距離を算出します。LiDARはこの手順を1秒間に最大100万回繰り返し、その結果を高精細な3次元点群としてまとめます。

そのため、例えばレンタカー会社の敷地内にある街灯など、インフラにセンサーテクノロジーを設置するのも一つの方法です。こうすることで、車両を外部から、つまり詳細な部分まで検知することができます。センサーシステムは敷地内を見渡し、車両だけでなく人や障害物も検知し、それをもとに車両に正確な移動経路を提供します。これにより、レンタカーを 「遠隔操作 」することができるのです。

敷地全体をとらえるLiDAR

衝突を避け、安全かつ確実にAからBへ移動するためには、敷地内を高精度に捉える必要があります。ソリッドステートLiDARセンサーはこの目的に最適で、カメラなどの他のソリューションと比較していくつかの利点があります。

  • 3Dで現場をとらえることができます。つまり、カメラのように画像を解釈する必要がなく、他の車両や柱、建物の壁、そしてもちろん歩行者もすぐに対象物として認識することができるのです。このように、すべての対象物を避けることができ、自由な場所で安全に車を操縦することができます。
  • 悪天候や暗闇の中でも、信頼性の高いデータを提供することができるのです。
  • また、記録される3D情報には個人情報が含まれないため、人物は認識できても個人を特定することはできません。そのため、従業員やお客様のプライバシーを保護することができます。

リモートナビゲーションでキャパシティの使用を最適化

車両を追跡することで、リモートナビゲーションが可能になり、より効率的な車両管理が実現します。また、LiDARセンサーで個々のステーションの車両台数を把握することで、ターンアラウンドの状況に応じてレンタカーのルートを調整し、キャパシティを最適に活用することができます。例えば、現在洗車場が埋まっている場合、レンタカーは次に利用しなければならないステーションに誘導されます。また、フリート管理システムのおかげで事故も少なくなります。車両を操作するのは、急いでいるときに何かにぶつかりやすいストレスの多い従業員ではなく、信頼性の高いセンサーソリューションだからです。

Key LiDAR Features for Fleet Management

スマートパーキングが従業員の負担を軽減

ターンアラウンド後、すぐに再レンタルしない場合、車両を駐車する必要があります。スマートインフラは、駐車場探しをサポートすることも可能です。LiDARセンサーテクノロジーを使って空き駐車スペースを特定し、それに応じて車両を次の空きスロットへ誘導します。このプロセスは遠隔で行われるため、ドアを開ける必要がなく、レンタカー1台あたりの駐車スペースは少なくて済みます。つまり、セルフパーキングは駐車場の有効活用と燃料の節約につながるのです。また、従業員にとっても、手動で駐車し直したり、長時間かけて駐車スペースを探したりする必要がなくなるので、安心です。さらに、スマートパーキングソリューションでは、駐車場から駅まで長い距離を戻る必要がないため、従業員は顧客サービスやコントロールステーションでの活動に時間を割くことができるようになりました。

Blickfeld社のLiDARを使用したスマートパーキングソリューション

競争上の優位性としてのフリート管理の効率化

カーシェアリングやドライブサービスなどの新しいモビリティコンセプトにより、レンタカー会社はますます大きな競争に直面しています。長期的に追いつくためには、ターンアラウンドのようなプロセスを最適化し、より効率的にする必要があります。スマートインフラにLiDARを導入することで、従業員はレンタカー業務や顧客とのコミュニケーションに費やす時間を増やすことができます。また、LiDARのデータに基づいて車両を遠隔操作することで、フリート管理をより効率的に行うことができます。


LiDARのリモートセンシングがビジネスにどのようなメリットをもたらすか、ぜひご覧ください。

Florian Petit Blickfeld founder

Don’t want to miss any news?

Subscribe to our newsletter for regular updates straight to your inbox.

By subscribing to the newsletter of the Blickfeld GmbH you agree to our Privacy Policy and to the tracking of your opening rates.

You may also be interested in

Street houses bridge parking cars smart parking with LiDAR sensor
Florian Petit
LiDAR applications
「LiDARは様々な分野でのアプリケーションを可能にします」―我々はよくそのように説明します。しかし ...
Owl Eye Technology Sachtleben Blickfeld Cube 1
Florian Petit
LiDAR applications
これまで、バルク材の在庫はしばしば不正確に測定されたり、推定されたりしていました。これはサプライチェ ...
volume-measurement-with-lidar
Florian Petit
LiDAR applications
このブログでは、なぜLiDARが様々な産業における体積計測に最適なのか、そしてLiDARがどのように ...

Next events

No event found