Laptop Blickfeld Percept zone configuration

「誰にでも使える総合的なソリューションを提供」

Blickfeld社のチーフ・ソフトウェア・アーキテクトであるRolf Wojtech氏が、新しいソフトウェア製品「Blickfeld Percept」を紹介します。
Portrait Rolf Wojtech Blickfeld

Blickfeld Perceptとは?

Blickfeld Perceptは、LiDARデータを解析・処理するための、柔軟で設定が簡単なソフトウェアです。Perceptは、3D点群の代わりに、イベントやオブジェクトのリストといった実用的なインサイトを生成します。このように、3Dデータの処理経験がほとんどないユーザーでも、LiDARで生成されたデータを簡単に扱うことができ、人数のカウントなど様々なアプリケーションを実装することができます。

Blickfeld Perceptのビジョンは?

多くのお客様は、3D点群データそのものではなく、それらのアプリケーションの実装にフォーカスします。彼らはLiDARを使って解決したい特定の問題を抱えており、我々はBlickfeld Perceptでそれをできるだけ簡単に解決したいと考えています。センサーとPerceptを含めた完全なソリューションを提供することで、Blickfeldの技術的な専門知識をもとに、彼らのアプリケーション領域で使用可能なデータを生成することを可能にします。これにより、お客様は貴重なリソースを自社のコアコンピタンスに振り向けることができます。

ツールの機能は何ですか?

Perceptは、X軸に対する点群のアライメントを簡素化し、複数のセンサーからの点群フュージョンを自動化するなど、LiDARベースのソリューションを容易にセットアップできるようにします。さらに、異なる機能を持つゾーンは、ドラッグアンドドロップ機能により、設定インターフェースで非常に簡単に設定することができます。そのアプリケーションは、人や物のカウントやトラッキング、座席や駐車場の占有率の検出、エリアへの物や人の侵入の検出などです。また、Perceptは対象物を異なるカテゴリーに自動分類することも可能です。

Blickfeld Percept vereinfacht Besucherzählung

どのようなアプリケーションをサポートしていますか?

Perceptのアプリケーションは非常に多岐にわたります。例えば、大規模な群衆の解析や、あるエリアでの動きの追跡は、これからのアプリケーション分野と言えます。これは実際に{1>フランクフルト空港でのエキサイティングなプロジェクト<1}として実施され、エントランスホールでの乗客の歩行経路を分析し、セキュリティチェックポイントでの占有率を予測しました。これらの機能は、スマートシティプロジェクトにおいても非常に有効す。特に、フットフォール解析は小売業にとって重要な情報を提供することができます。

また、Perceptは{1>セキュリティ分野におけるLiDARの展開<1}を可能にし、簡素化します。監視すべきエリアは点群のゾーンでマークされます。センサーによって取得された距離情報と合わせて、室内の特定のゾーンに物体が入るとすぐにアラームを発することができます。さらなるアプリケーションとして、駐車場の満車検知、通行人のカウント、貴重品の保護などにも応用できます。私たちは、お客様とともに、Perceptを継続的に改善・拡張し、可能なアプリケーションの数をさらに増やしていきたいと考えています。

Blickfeld Perceptは、当社の製品ポートフォリオの中でどのような位置づけにあるのでしょうか?

Blickfeld社の製品ポートフォリオは、3D データを生成する多くの種類のLiDARセンサーと、このデータをアクションやオブジェクトリストの形で実用的な情報に変換し、お客様のアプリケーションを可能にするPercept から構成されています。Perceptは、生の点群とお客様のアプリケーションの間に位置する中間レイヤーのようなものです。

Blickfeld Percept の背景には、どのようなストーリーがあるのでしょうか?

オブジェクト認識というテーマは、Blickfeld社の設立以来、私たちの発展の一部となっています。当初から、お客様に全体的なソリューションを提供することを計画しており、すでに点群データ解析のための当社のアルゴリズムを使用した多くのプロジェクトを実施してきました。そして今、これらのノウハウを一つの総合的なソフトウェアであるBlickfeld Perceptに集約し、包括的な製品ソリューションを提供できることを嬉しく思っています。

 

Blickfeld Percept はどのようなユーザー向けに設計されたのですか?

Perceptは、静的なLiDARのセットアップを行う産業界の顧客向けに設計されています。シンプルな操作とセットアップ、そしてモジュール化された機能により、ほとんどの人がソフトウェアを操作することができます。また、Perceptは複数の点群の融合が非常に簡単に行えるため、広い範囲をカバーする必要があり、複数のLiDARセンサーを使用するアプリケーションに特に適しています。

YouTube

By loading the video, you agree to YouTube’s privacy policy.
Learn more

Load video

今後、どのような機能が登場するのでしょうか?

今後の機能のパイプラインは、すでにかなり充実しています!
現在、体積計測の機能や、人の動きを表す「{1>ヒートマップ<1}」を作成する機能を考えています。

最も誇りに思う点は?

使いやすさと直感的なユーザーインターフェースは、特に重要視しています。ソフトウェアの設定はすべてウェブブラウザ上で行われますので、非常に使いやすく、わかりやすいものとなっています。Perceptは誰でも使えるものであるべきだというビジョンを実現できたので、それはとても誇らしいことです。

なぜPerceptという名前なのですか?

「Percept」とは、知覚心理学の用語で、人間の知覚プロセスの最終結果を表す言葉です。目が何かを認識し、その情報が脳で処理され、最終的に目の前にあるものが、例えば「木」であると認識されます。この認識した「木」という対象が知覚です。この用語は我々の活動に通じます。すなわち、LiDARセンサーが環境を3D点群としてとらえ、ソフトウェアがそのデータを処理・解析し、最終的に物体が特定されるのです。

Portrait Rolf Wojtech Blickfeld

Don’t want to miss any news?

Subscribe to our newsletter for regular updates straight to your inbox.

By subscribing to the newsletter of the Blickfeld GmbH you agree to our Privacy Policy and to the tracking of your opening rates.

You may also be interested in

LiDAR pointcloud person in bounding box
Rolf Wojtech
The Software behind it all
LiDARセンサーがデータを収集した後、何が起こるのでしょうか?群衆管理などのアプリケーションを実現 ...
Pointcloud LiDAR sensor person cars
Rolf Wojtech
The Software behind it all
LiDARベースのアプリケーションの実装の基本は、3Dデータからの情報の抽出です。多くの場合、この情 ...
Blickfeld LiDAR pointcloud background subtraction person
Rolf Wojtech
The Software behind it all
LiDARは高正確度の点群データを生成し、多くのテクノロジーの構成要素として機能します。しかし、生成 ...

Next events

No event found
検索