Cube Range 1

超長距離検知&高精度

Cube Range 1

Cube Range 1は超長距離検出を主な用途とした設計となっており、広範囲での高精度3D測定が可能となっております。また、視野角やスキャンパターンを自由に設定できるため、様々な産業分野で多目的に使用することができます。操作のために追加のアダプターボックスは必要なく、点群インターフェースにより、簡単な操作と設定が可能です。デバイス上での前処理と関連する認識ソフトウェアにより、Cube Range 1は多くのアプリケーションに対応するスマートなソリューションとなります。

主な仕様

代表的なアプリケーションの範囲
5 – 150 m
視野角(H×V)※
18° x 12°
垂直解像度※
5〜200スキャンライン/フレーム
水平解像度※
0.24° – 0.4°
フレームレート※
2.5 – 50 Hz (例:50 スキャンラインで 15 Hz)
リターン数※
3
外形寸法(高さ×幅×奥行)
60 mm x 82 mm x 86 mm
重量
385 g
消費電力
8.5 W
レーザークラス
クラス1、アイセーフ(IEC 60825-1:2014、第3版)

ウェブユーザーインターフェースを介して設定可能。仕様は予告なく変更されることがあります。

特徴的な機能

長距離検知

高解像度

設定可能なスキャンパターン

小型・軽量

直感的なウェブユーザーインターフェース

エッジプロセッシング

Intuitive web user interface

直感的なウェブユーザーインターフェース

直感的なユーザーインターフェースにより、Cube 1は素早く操作でき、リアルタイムで個別に設定することができます。

Unrivaled small size

大幅な小型化

Cube 1のコンパクトなサイズとわずか275gの軽量さは、様々なアプリケーションに最適です。

設定可能なスキャンパターン

視野角、スキャンライン数、スキャンレートは、あらゆるアプリケーションのニーズに合わせて柔軟にカスタマイズすることが可能です。

追加機能

Cube Range 1 の長距離検出や統合的データ解析により、飛行中のドローンを効率的に検出、追跡することができます。

Markus Henne
教授、 IWKパートナー
OST - Ostschweizer Fachhochschule

お問い合わせ

専門家と話す